20/01/13(月)

【20:47】597984■■□□□

 なんとか今日中にうぐぐ左手が痛い('A`)


●映画「バンブルビー」('18)
 TF映画シリーズの前日譚。とはいえ設定面では大きく矛盾しているので(毎回設定がコロコロ変わるシリーズではあるが)、なんだかよく分からない立ち位置の映画になってしまった。これは本編シリーズさっさと畳んで、リブート第一弾に据えた方が良かったんじゃないかなぁ。
さて今作はTF映画初のマイケル・ベイ以外の監督作ということで、今作に限って見れば確かに丁寧に作られていると感じる。しかしすっかり頭マイケル・ベイなTF映画シリーズに慣れきった身としては、全体的に物足りなさを感じてしまったのも確か。今作を観て玩具が欲しくなったか?というとちょっと微妙で、主人公が女の子なところも含めやはり男の子心を刺激する作品ではなかったと思う。次(本編)はやはり……またベイに撮ってもらうしか…………。

20/01/12(日)

【20:07】597978■■□□□

 今日明日で仕上げうぐぐ('A`)調子自体は良くなってきた。



▼20年1月6日~1月12日反省会

●今週やったこと
・ペン入れ終了(〇)
・原稿完成(△)
・次回プロット(×)

達成度:■□□□□
 新年早々週末近くなると何故か体調悪くなるあるある('A`)

●来週やること
・原稿完成
・次回プロット
・次回ネーム
・冬コミ後片付け

●観た映画
「モンスターズ・インク」('01)
「マグニフィセント・セブン」('16)
「キャプテン・マーベル」('19)☆
「クロコダイル2」('02)
「unknown/アンノウン」('06)☆

20/01/11(土)

【20:20】597971■□□□□

 うぐぐちょっと頭が重いけどラストスパートだうぐぐ('A`)


●映画「unknown/アンノウン」('06)
 3人の誘拐犯と2人の人質が全員記憶喪失の状態で密室に閉じ込められたシチュエーションスリラー。自分自身すら信用できない状態で彼らは無事に生きて脱出することが出来るのか……という謎だらけのストーリーを密室設定を上手く活かし80分程度で非常に上手くまとめている佳作。
若干既視感があると思ったら「ハングオーバー」('09)あたりはこの映画を意識してるのかなと。あっちはコメディだけど。

20/01/10(金)

【21:12】597964■□□□□

 右耳裏のやや強めな後頭神経痛もだけど今日は左腕の神経が全体的にビリビリして痛いうぐぐ('A`)昨日の寝落ち姿勢が悪かったのかな……。


●映画「クロコダイル2」('02)
 スタイリッシュな銀行強盗シーンからはじまり「あれ何の映画だっけ?」と思うこと必至のワニ映画。しかしその後はテンポよく銀行強盗のハイジャックした旅客機が沼地に墜落。飛行機事故、銀行強盗、そしてワニの三重苦パニックてんこもりサバイバルはなかなか面白い。
低予算ながらワニの豪快な捕食っぷりや墜落シーン、破壊など見せるべきところにはしっかり力を入れたB級映画の力作。

20/01/09(木)

【21:08】597953■□□□□

 今日は夜寝落ち回避したのに夜寝落ちしてた時より調子が悪いのは何故だうぐぐ('A`)


●映画「キャプテン・マーベル」('19)
 マーベル最強ヒロイン、キャプテンマーベル誕生の謎に迫るスーパーヒーロー映画。
宇宙規模のスケールに、1995年という古いとも新しいとも言えない絶妙な年代、軽快ながらサスペンスタッチで興味を引くシナリオ運び、シールド絡みの隙間を埋めるファンサービス、飛行シーン以外は極力CGを使わない肉弾バトルの力強さ、そして懐かしさすら覚える勧善懲悪絶対無敵ヒーローのシンプルさと、一連のアベンジャーズ展開最後にしてまだこんな弾があったのかと驚きを隠せない。「キャプテン・マーベル」の名にふさわしい出色の作品。
そのあまりの強さゆえに現行展開中だったアベンジャーズでは宇宙出張という扱いにせざるをえなかったのだろうけど、DCUで例えれば間違いなくスーパーマンポジションなわけで、今後の更なる展開にも期待したい。
また最近のMCUは若手スタッフの起用に熱心なイメージがあったが、今作スタッフはかなり有望な気がする……。

20/01/08(水)

【20:36】597944■■□□□

 今日は夜寝落ちに備えて夕方寝ておいたから大丈夫なはず……('A`)


●映画「マグニフィセント・セブン」('16)
 「七人の侍」の西部劇版「荒野の七人」の更にリメイクにあたる今作。
なるほど色々と変更することで「七人の侍」とは別物になったのだろうけれど、王道の義理人情活劇として完成形とすら言えたものを切り捨て、代わりに加えられた要素で焦点がぼやけてしまった感が否めない。チザム(クリスに相当するキャラ)はじめ各々のキャラクターは全く掘り下げ不足だし、これなら黒人・復讐とか中途半端なキャラ付けは要らなかった。7人の面子も各人種に女性の活躍とポリコレアピールがあまりに露骨。
アクロバティックなガンアクションは良かったが、ただのアクション映画としてみると今度は大本のネタの古すぎ感が際立つような……。マカロニ風にもっと意識を低くしてエンタメ極振りにした方が面白くなったかも。

20/01/07(火)

【20:32】597928■■□□□

 夜寝落ちが習慣化しちゃってるけど調子はまぁ普通('A`)

20/01/06(月)

【20:34】597920■■□□□

 首の右側に今年初の後頭神経痛うぐぐまぁ軽度なので問題なし('A`)


●映画「モンスターズ・インク」('01)
 「子供を怖がらせるのがお仕事」のモンスターがいる世界に迷い込んでしまった女の子。彼女を元の世界に送り届けるためサリーとマイクのモンスターコンビが大騒動を繰り広げるディズニーピクサーのアニメ映画。
モンスターたちの絶妙なキモカワっぷりとユニークな設定の数々はさすがピクサー。ストーリーはありきたりな感じだけど観ているだけでも楽しめる、キッズ・ファミリー作品として十分すぎる佳作。

20/01/05(日)

【20:28】597911■■□□□

 ようやく平常通りと言える感じにうぐぐ('A`)


●映画「NUMBER37/ナンバー37」('18)
 南アフリカ版「裏窓」といった感じのクライムサスペンス。ハリウッドポリコレではない正真正銘の黒人・アフリカ映画という点でなかなか興味深い(金髪色白の人が出てきたと思ったらアルビノの黒人だという)作品。ただどうしてもエンタメ的完成度の高い名作「裏窓」が頭をよぎる上に、南アフリカのスラム街が舞台という、一般的な日本人からはあまりにも縁遠い世界のお話は登場人物の誰一人として共感できなくて辛い。


▼20年1月1日~1月5日反省会

●今週やったこと
・ペン入れ(70&~)×→50%

達成度:■□□□□
 コミケ疲れが毎回ひどくなっているような……('A`)

●来週やること
・ペン入れ終了
・原稿完成
・次回プロット

●観た映画
「アンドリューNDR114」('99)★
「NUMBER37/ナンバー37」('18)

20/01/04(土)

【21:12】597900■□□□□

 ぼちぼちそろそろうぐぐ('A`)


●映画「アンドリューNDR114」('99)
 偶然にも自我を持った人型の家庭用お手伝いロボットが「人間」になるまでの長い旅路を情緒豊かに描いたSF“ヒューマン”ドラマ。
どこまでアシモフの原作通りかは分からないけれど、ロボットを主題に人間というものをここまで描き切ったSF映画は他にそうそう無いと思う。20世紀末期だからこそのレトロフューチャー感あふれる映像も見事にマッチ。ロビンウィリアムズの存在まで含め、あらゆる要素がかみ合った奇跡的な傑作。
何でもかんでも派手に派手に盛って行った当時はあんまりウケなかったのかな。BDのリリース希望!


●web拍手レス●

▼三が日中ならセーフだよね!ってことであけおめです
毎度すっかりご無沙汰しておりますが、単行本・同人誌などしっかりフォローしておりますよ!~~▼

 あけおめ&お無沙汰&諸々全部ありがとうございます!
ニコニコのは単純に嫌パンの回答が一番数が多かったのもあってやはり旬でしたね(^^;表情変えれば多方面の需要も満たせるとか結構色々考えたうえでのチョイスでもあったりします。
今年もどうぞよろしくお願いします!m(_ _)m
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ