19/11/22(金)

【22:09】597396■□□□□

 寒いうぐぐ('A`)
そしてフィギュアーツの予約で時間を取られる……集中……。


●映画「戦争のはらわた」('77)
 第二次大戦中の東部戦線、ドイツ軍兵士を主役としロシアとの過酷な戦いを描いた英独産の戦争映画。
理由もなく襲い掛かかってくる殺意、いつでも“そこ”にある死、などとにかく戦場の臨場感が凄まじい。そんな中でも権力にこびず仲間想い、捕虜への情にも篤い主人公を演じるジェームズコバーンのお陰で、現代の戦争映画より西部劇寄りなドラマ感も堪能できる力作。
ペキンパー監督らしく?カット割りが多くて状況が良く分からなくなる場面も多いのだけど、それに輪をかける日本語字幕の読みづらさは正直今からでもなんとかして欲しいところ。

ちなみに「死霊のはらわた」とは何の関係もないしホラーでもない。というか今作の方がずっと先に公開されているのに「はらわた」はどこから持ってきた?原題は「クロスオブアイアン」、つまりドイツ軍の鉄十字勲章を巡る話。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ