19/07/02(火)

【21:05】595739■■□□□

 調子はまぁ良いのでこの調子であとは夜寝落ちに注意をうぐぐ('A`)


●映画「ジャンヌ・ダルク」('99)
 リュックベッソン監督、ミラジョボビッチ主演によるジャンヌ・ダルク(バーサーカー)のお話。
この映画で描かれているジャンヌはほぼ狂人。ずっと情緒不安定で幻覚を見てぶつぶつ独り言を言ったと思えば大声で喚き散らして死をも恐れず敵陣へと突っ込む。
しかしたとえ怨によって生まれた狂気、妄想であっても、誰よりも神を、救いを求める心は純粋な信仰ではないのか。宗教とはそういうものではないか、聖人とは――と、最後はかなり宗教的に突っ込んだ内容を描いていた。

 ところでジャンヌ自身に対する解釈はともかく、ぼさぼさショート+長い三つ編みの序盤のジャンヌの姿はFateシリーズのジャンヌのモデルになったのかしらと思ったりなんだリ。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ