19/03/14(木)

【20:31】594269■■□□□

 そこそこ順調だと思うぐぐ('A`)明日の歯医者で流れが途切れないと良いけど。


●映画「マチェーテ」('10)
 タランティーノ&ロバートロドリゲス監督によるオムニバス映画「グラインドハウス」内で“嘘予告”として作られたショートフィルムのマチェーテを本当に映画化してしまった珍作。
いかにもRロドリゲス監督らしいデスペラードの流れをくむメキシカンアクション。登場人物は誰も彼も清々しい、いやバカバカしいほどのステレオタイプで、加減を知らないぶっ飛んだグロ&アクションは痛快。“腸バンジー”なんて天才の仕業としか。
しかしデスペラードの頃からその傾向はあったのだけど、どうにも敵側の構成が複雑でややこしかったり、肝心のラストがスッキリしないなど、おバカアクション映画としては大きな欠点を抱えているように感じる。円盤特典の未公開シーンでは実は更に多くのキャラが存在していたらしいく、Rロドリゲス監督、思いついたもの全部ぶち込んで引き算が苦手なタイプっぽい……。

プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ