18/08/03(金)

【21:49】589657■■□□□

 ぼちぼち……昨日の夜限定で急にガスが溜まって収まったのはやはり夕食で食べたキムチが原因な気もするのだけれど('A`)

夜限定でエアコンつけると快適さで原稿はかどるどころか眠くなる説……('A`)でもなんだかんだで夏バテをしないのは日中エアコン無し過ごしてるお陰な気もするし……。


●映画「テレフォン」('77)
 アメリカ各地で普通の市民が謎の電話を受けた直後、軍事施設に対し自爆テロを行う事件が続発。一方ソ連ではこの事件を受け、書記長すら知らないかつての極秘作戦の後始末のため、KGBのエージェントを一人アメリカへ派遣するのだった……。
まさかのKGBを主役にしたアメリカ製サスペンス映画。さすがKGBと言うべきか、主人公が対象を抹殺する“手際の良さ”が尋常ではない。ロシア風のBGMもあってかなり異色な雰囲気が漂っているものの、エンタメ性の高いスパイものとしてまとめ上げたドン・シーゲル監督の手腕を実感できる秀作だった。
中盤の爆破シーンの手順を無駄に丁寧にやったところだけは異様にテンポ悪くて気になるけど……あそこを2分でもカットしていればもっと違ったかな。


●映画「続・荒野の用心棒」('66)
 「荒野の用心棒」とは何の関係もないマカロニウェスタン。マシンガン入りの棺桶を引きずり歩くガンマンとメロディアスで盛り上がる主題歌が強烈に印象的に残るが、見どころは割とそれだけのような……。悪い奴の金を持ち逃げしたは良いものの途中で些細なミスを犯し再起不能の重傷を負わされる主人公は正直格好悪いのでは……。それでもなお戦ったガッツが凄いとはいえよくよく思い返せば主人公の戦果ほとんど不意打ちなのでは……。そもそも当初の目的とか見てて忘れてたし敵を二人出した事で話の焦点がぼやけてしまった感……決して作品として完成度が高いとは言えない……。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ