18/07/11(水)

【20:36】589163■□□□□

 ラストスパートがなかなかかからないぐぐ('A`)それでも明日中にはなんとか……。


●映画「情無用のジャンゴ」('67)
 軍隊を襲撃し大量の金塊を強奪するジャンゴだが、仲間に裏切られて瀕死の重傷を負い砂漠に1人取り残されてしまう。原住民の手によって助けられ町へと辿り着くジャンゴ、しかしそこは欲望に取り憑かれた町だった。先に辿り着いていた裏切り者達は無残な屍を晒し、金塊も行方不明。更に盗賊の一味までも加わり、金塊を巡る醜い争いが繰り広げられる――。
傷口に強引に指を突っ込んだり頭の皮を剥いだりと大量の血が流れる残虐描写が多く、当時は画期的だったとか。今観ると正直それほどでも無いけれどこの作品の肝はやはり人間の心の醜さを徹底して描いた所だろう。心根の正しい者ほど早く死に、あるいは狂っていく地獄のような町はちょっとしたホラーのようだった。
その様子を前に、ジャンゴの最初の金塊強奪に見せた欲も、復讐心もすっかり冷めてしまうほど。結果的に主人公の影が薄い、ちょっと変わった雰囲気のマカロニウエスタン。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ