18/06/11(月)

【21:06】588551■■□□□

 やっぱり明日いっぱいはかかるかうぐぐ('A`)


●映画「ジェーン・ドウの解剖」('16)
 検死官親子の元に運ばれた身元不明女性の遺体。外傷一つ無い綺麗な遺体だったが、検死解剖を進めるにつれ次から次へと不可思議な事が……。
悪趣味なワクワク解剖シーン、生きた死体、魔女裁判と呪いなど仕込まれたアイディアは良し。ただ中盤以降は結局よくある雰囲気ホラーになってしまい、これがまた特にひねりがない感じで残念だった。もっと上手く料理出来たのに……と思わずにいられない映画。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ