18/03/24(土)

【21:07】586998■■□□□

 最近また夜寝落ちがうぐぐ('A`)早く寝る、それだけ心掛ければ……。


●映画「ライフ・イズ・ビューティフル」('97)
 どこまでもいい加減だが底抜けに明るく機転も利いて人々から愛されるユダヤ人の男が、ナチスの強制収容所であっても家族とともに逞しく生きる姿を描いたヒューマンドラマ。どんな過酷な状況も笑い飛ばし、まだ幼く現実が理解出来ない息子をいつも笑顔にさせる主人公。闇が深い題材の映画であるはずなのに観ているこっちもつられて笑顔になってしまう。一方で息子のいない場面では度々過酷すぎる強制収容所の描写も突きつけられて、なんともまぁ感情が上に下に激しく揺さぶられることうけあい。主人公の表情がまた、良く回る舌以上に複雑な想いを語ってくる様はアカデミー賞主演男優賞も納得だろう。
人生は素晴らしい。タイトルに込められたメッセージを強く感じながら、笑って泣ける、名作と呼ぶに相応しいイタリア映画。

ところで確かに主人公は役者(兼監督兼脚本)もコメディアンで話術も動きも面白い、面白いんだけど……この映画を「コメディ」に分類するWOWOWはどうなんだ!?
「コクソン」も「犯罪サスペンス」なんて良く分からないジャンルにしてたけど……犯罪?どこが?だったしなぁ(;'A`)

プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ