17/11/08(水)

【21:07】584180■□□□□

 寝坊に始まり今日はずっと異常なほど眠いぞうぐぐ('A`)


●映画「ジェーン」('16)
 いまいち評判が良くない上にイロモノのイメージが強い女性主人公の西部劇。しかし監督が「ウォーリアー」の人だったので観てみた。結果、“女性主人公”である事を西部劇としてしっかりまとめ上げ、イロモノの域は出ているものの、やはりもう一つ物足りない。そもそもサスペンスのように回想シーンの多様で話の進行が散らかってる構成は西部劇には向いてない気もする。
クイック&デッドもそうだったけど有名女優が自分でプロデュースしてまで西部劇やりたがるのはなんだろう、アメリカ男性社会の象徴に切り込むみたいな思いがあるのかな。


●映画「メン・イン・キャット」('16)
 MIBの監督だからってこの邦題を付けた人、センスある。(原題は「Nine Lives」)
仕事一筋で傲慢な社長の意識が猫の身体に入ってしまい、家族の愛と部下に乗っ取られそうな会社を取り戻すためにどったんばったん大騒ぎするハートフルコメディ。
不自然さを気にせずガンガンCG多様していく映像はややチープではあるがジャンル的に狙っているのか。一方で猫には贅沢に自然なCGを使っていて、一見普通の猫なのに人間らしい妙な仕草をしまくるのがとにかくおかしくて愛らしい。
どこまでも王道でベタベタな映画ではあるけど、肩の力を抜いて楽しめる良作。同時期の「キアヌ」と比べるとこっちの方が好きだな。やっぱりペット物は家族で安心して観られるようなのが良い。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ