17/10/29(日)

【20:38】583960■■□□□

 ペン入れうぐぐ('A`)


●映画「ジュラシック・パーク」('93)
 全盛期のスピルバーグが、それまで培ってきたSF、特撮、冒険、ファミリー、パニック等全ての娯楽を詰め合わせたこの映画が面白くないわけがない。

恐竜が画面に映るシーンはたぶんシリーズで1番少なくて予算や技術の都合も感じさせるのだけど、それが逆に登場シーンのインパクトに一役買っている。というか全身が映るシーン以外はほぼ操演やロボットだね。でも既に極められていたハリウッド最高峰の技術だし、現在のCGでも敵わない“実物”の圧倒的な存在感!「病気で動けないトリケラトプス」とか設定も上手く作ったなぁと思う。
設備とか設定とかは今観るとちょっとショボいんだけど、でもこれも逆に「すぐに実現できそう」感があって、「なんで20年以上も経って未だにリアルジュラシックパーク作れてないわけ?」って不思議に感じるほど。技術の不足や制約が良い塩梅で最高のリアリティを生み出した。

ちなみにCGはCGで今観ても凄い……当時からこんな“完成形”をいきなり持って来たの凄すぎる。CGキャラに合わせて机やカーテンを動かしたり、机の上の物が落っこちたりすることで画面に馴染ませる小技とかも絶妙すぎてもはや感心しかない。

観たのは20年振りくらいだけどかなり細かいシーンまで覚えてるし、色々勉強した上で観るとまた違った視点で楽しめるなぁ。まさに傑作としか言いようがない、見事に完成された映画だ。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ