16/03/22(火)

【20:20】571026■■□□□

 うぐぐもう少しテンションを上げねば……('A`)


●映画「13F」('99)
 WOWOW発掘良品枠。
ああ“仮想現実ダイブもの”ね……でも1937年の世界なんてSF題材と合ってないんじゃ……と、取り立てて目新しさを感じないスタートからの、後半の更なる二重三重の仕掛けによるSFサスペンス展開は今観ても斬新な驚きがあった。このネタを本編95分程度でまとめる無駄のないプロットも凄い。
番組解説でも語られたように、マトリックスと同じ年の公開でなければ……とか、1年後の方が評価されていたかも知れない……とか、まさにそう思わせられる、埋もれていた傑作と呼ぶに相応しい映画。タイトルがなんかB級ホラー映画っぽいのも良くなかったかな。目立つ役者がいない、というのは今となってはこの作品の良い所かも。


●web拍手レス●

▼プラトーンは実は未見なんですがなぜかDVDがあるので観ようと思います!
フルメタルジャケット(できれば一度観られてはいかがでしょう。観られてたらすいません)とか地獄の黙示録(こちらは、まあチャンスがあれば)もそうですが、ベトナムものを観るとあの戦争がアメリカという国に落とした影が窺えるなあと。
以降の映画等で「ベトナム帰り」が一つのキャラクターの記号として成立するのもなるほどな、とか思いました。▼

 「地獄の黙示録」は丁度来月BSプレミアムでやるので注目してました!
完全版尺じゃ無いのが気になってたけど今更どうせテレビじゃ完全版なんてやらないだろうし、ここはやはり観ておこうかと……。「フルメタルジャケット」も注意しておきたいと思います。
アメリカのドラマや映画は、会話で昔の映画の名前が良く出てくるんですよね。「『明日へ向かって撃て』のラストは~」とか「『地獄の黙示録』みたいだ」とか。映画100本切り目標は単純にハマっただけでなく漫画演出の勉強も兼ねてますが、昔の元ネタ探しも最近の楽しみです。(感想はあくまで備忘……だったけどこれも勉強を兼ねて)


▼フォーゼについては~~▼
 ディケイド~W~オーズ~フォーゼ辺りは完全なライダーバブルでしたね。波に乗ってコレクションアイテムが年々過剰になっていった時期でもあります。オーズなんか内容は全然子供向けじゃないのに、リアルのメダル争奪戦の過熱ぶりといったらもう……玩具的にはこのヒットが妖怪ウォッチにも繋がっているのかなぁとか。
フォーゼはコメディ寄りで対象年齢が下がったのと、2期から入った大人が飽き始めてきたのがオタク評に響いているのかもと思います。オーズのメダル争奪戦で疲れたもう嫌だってなった人も少なくないはず……。


▼メタルとかそういう完全な趣味だとそういう軸が強固に出来ているのですが、ついつい「しかし商業作家としてはファンの反応を冷静に観ねば……」などと小賢しいことを考えてしまいます……。▼
 初心者「この音楽しゅごい!メタルかっこいい!」→玄人「そんなの入門編だぜ!温すぎてメタルとは呼べねぇな!」みたいな感じでしょうか。この場合は実際そうなんだろうけど、ネットだとあらぬところからツッコミ来そうでなかなか声に出しにくいところがありますよね(^^;批判的な内容になると更に気を遣う……。

あとネット評はどうしても声の大きい方が主流になってしまいますからねぇ……。ガンダムAGEだってゴセイジャーだって良い作品だよ!ついでにSEEDデスティニーも実際観てみたら面白かったよ!(少なくともリマスター版は)

5年理論はだいたいそのジャンルのパターンが見えてきてしまうと言うか、めったなことでは新鮮な感動に出会えなくなってきてしまうくらいに感性が麻痺し始めてくるのがそれくらいの時期かな、という自分の経験からなんとなくです(^^;
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ