20/01/24(金)

【20:22】598101■□□□□

 肩こり頭痛もそこまでひどくはならず昨日の夜のうちにはだいぶ楽に。肩回りがしんどいのはまだ残ってるけどそろそろ調子を戻さねば……('A`)

20/01/23(木)

【21:05】598088■□□□□

 昨日の頭痛は夜には治ったんだけど鼻づまりで呼吸してたせいかガスが溜まりに溜まって膨らんだ胃腸がピリピリ痛くてまぁそれもすぐに収まって今日はまた肩こりからくる頭の重さに悩まされるのであったうぐぐ('A`)


●映画「ゴーンガール」('14)
 5年目の結婚記念日に家から突然姿を消した妻。調査を進めると次第に夫が妻を殺害した疑惑が濃くなっていくが……嘘にまみれた結婚生活と夫婦の実態をブラックかつ赤裸々に描き出した衝撃のサイコサスペンス。
現状デヴィッドフィンチャー監督の集大成とでも言うべきか、リアルとサイコな感覚を行ったり来たり、二点三点するシナリオの仕掛けにグイグイ引き込まれる力作。実際に夫婦で観ると微妙な空気になってしまうこと必至……かもしれない。


●web拍手レス●

▼遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
冬コミケの本は、ネロがとてもエロ可愛いいです。
魔が堕ちる夜のシェリスの頃からヒロインのグラマーで柔らかそうな肢体が素晴らしいです。
気が早いかもですが、老眼様がコミカライズを担当している魔王~マスターのアニメ化を楽しみにしております。▼

 コミケでは色々ありがとうございました!そういえばネロの体型はシェリスと似てるかもしれませんね……個人的にも一番描きやすいバランスかもしれません。連載の方もとりあえず目先の事で精一杯ですが、もっと盛り上げられるよう頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いします!m(_ _)m

20/01/22(水)

【20:15】598076■■□□□

 歯医者が原因か昨夜の寝落ちが悪いのか分からないけれど副鼻腔あたりが腫れてる感じの圧迫頭痛がうぐぐ('A`)現状軽度で済んでるけどまた夜にかけて悪化しないと良いなぁ……それとも早めに頭痛薬で手を打っておくべきか……うむむむ。

20/01/21(火)

【20:29】598063■■■□□

 明日は久しぶりの歯医者で調子を崩さないか心配……('A`)


●映画「バルカン超特急」('38)
 ヨーロッパ某国からイギリスへ向かう長距離列車の中で突如消えた老婦人の謎を巡る密室サスペンス。第二次大戦前、当時のヨーロッパの空気を実感を伴い描いた原作の完成度が高いのも間違いないと思うが、ヒッチコックによるユーモアと創意工夫溢れる映像演出は80年以上経っても色褪せず、こんなにも早くから映画のスタイルが完成されていた事実に驚きを隠せない。今まで観たヒッチコック映画の中でも「ヒッチコックは凄い」というのを一番分かりやすく実感できる作品かも。

20/01/20(月)

【20:31】598046■■■□□

 よし順調……ちょっと耳の上あたりがピリピリし始めたけど肩こり対策の運動くらいはしておこうかな('A`)


●映画「ラストサマー」('97)
 パーティの帰りに車で男を撥ねてしまった若者4人はその死体を海に捨て秘密を誓う。1年後、彼らのもとに脅迫めいた手紙が届けられ、正体不明の「鉤づめの男」に着け狙われることに……。
青春ホラーサスペンスとして確かな作りだが取り立てて目立つ部分は無く、あくまで中の上の出来といったところ。しかしヒロイン(ジェニファー・ラブ・ヒューイット)が色々ありえないレベルで可愛い&セクシー。彼女の魅力だけで作品の格そのものが一つ上がっていると言っても過言ではない。

20/01/19(日)

【20:32】898040■■□□□

 このまま調子を崩さず集中集中……。

●映画「アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜」('18)
 原始の時代、青銅器人に住処の谷を奪われた石器人がサッカー対決で谷を取り戻そうと奮闘するクレイアニメ。「ひつじのショーン」のアードマン製作だけあって細やかな演出は見事、観ているだけで楽しい。しかし石器人のキャラクターにショーン達のような魅力を感じられなかったのはちょっと残念かな。一番生き生きしてたのはやはり喋れない動物、ブタのホグノブだった気がする……。

●「真昼の用心棒」('66)
 流れ者のガンマンが友からの呼び出しをうけ数年ぶりに兄のいる故郷へ戻ると、そこは悪徳地主の支配する町になっていた……という出だしから王道のルチオフルチ監督(「荒野の処刑」「シルバー・サドル」)初のマカロニウェスタン。兄弟の関係や悪徳地主の正体などシナリオもそこそこ凝っているけれど見どころはやはりアクロバティックなガンファイトだろう。スワローキックを思い起こさせる華麗な空中回転はビックリ。


▼20年1月13日~1月19日反省会

●今週やったこと
・原稿完成(〇)
・次回プロット(〇)
・次回ネーム(〇)
・冬コミ後片付け(△)

達成度:■■□□□
 後片付けのタイミングで調子を崩してまだ少し残ってるうぐぐ('A`)

●来週やること
・ネーム完成
・冬コミ後片付け
・ペン入れ開始
・体調を崩さない

●観た映画
「バンブルビー」('18)
「ロード・オブ・ウォー」('05)
「殺人の追憶」('03)
「真昼の死闘」('70)
「ザ・インターネット」('95)
「アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜」('18)
「真昼の用心棒」('66)

20/01/18(土)

【20:25】598030■■□□□

 まぁぼちぼち今のところ問題なし……。


●「ザ・インターネット」('95)
 普及したばかりのインターネットを題材とし情報化社会に警鐘を鳴らしたサスペンス映画。各種機材が古いのを除けば大筋は現代でも通用できそうなほど、ネットに対する恐怖というものが当時すでにしっかり作られている鋭い作品。敵がいささかしょぼいのはあるが、サンドラブロック一人で対応できることを考えればまぁこんなものか。
ところで当時の日本で「キャプテンアメリカ」って言われて分かる人どれくらいいたんだろうか……。

20/01/17(金)

【20:44】598021■■□□□

 のどの腫れも引いてきたし体調は問題なさそうあとはネーム集中うぐぐ('A`)


●映画「真昼の死闘」('70)
 監督ドンシーゲル、主演クリントイーストウッド、音楽エンニオモリコーネによるアメリカ製マカロニ風ウェスタン。
鉄板の面子のはずだが原題に「シスター・サラ」とあるようにヒロインである尼僧の方がメインに描かれていて、イーストウッド西部劇の硬派なイメージとはちょっと違う感じ。まぁそのシスターサラのじゃじゃ馬っぷりは面白いし、大爆破シーンなど低予算のマカロニではなかなか見られない派手なエンタメを楽しめる作品ではある。
それはそうとイーストウッドは先に字幕版で観て本人の声に慣れちゃってるから、山田康雄さんの吹き替えより樋浦勉さんの低い声の方がイメージに合うなぁ。

20/01/16(木)

【20:20】598011■■□□□

 昨日は夜にかけて頭痛が悪化し結局ダウンしたというなんかデジャヴなパターン('A`)
以前頭痛について調べた時、夜中から朝にかけて頭痛が起きる症状がなにかあったと思ったんだけどな……うーん、なんだったか。
ともあれ今は無事回復してきたので色々再開。


●映画「殺人の追憶」('03)
 1980年代後半に韓国で起きた実際の連続強姦殺人事件をモチーフにしたサスペンス映画。実話ベースであることと未解決(当時)であることを知らないと良くも悪くもラストで度肝を抜かされることうけあい。当時の韓国事情を知っているか、理不尽な暴力描写に耐性がないとちょっときついかも。
とはいえ、そこら辺も含めて最後の最後まで見せてくれる作品ではあったので映画としての出来は確かなのだろう。

20/01/15(水)

【20:38】598003■□□□□

 うぐぐ一息つけると思ったら首回りの異常なだるさと頭の重さと右手と内腿の神経痛とのどの腫れといろいろ不調が一気に襲ってきたうぐぐ('A`)
ダウンするほどじゃないけどかといって何も出来ない微妙な感じ……今日は早く寝よう。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ