18/05/20(日)

【20:59】588085■■□□□

 昨日寝落ちしまくった反動もあってか今日は好調。
軽い首の痛みは首こりか後頭神経痛か……こんな時のためにサポーター、買ったけどまだ届いてないうぐぐ('A`)


●映画「ダイ・ハード」('88)
 この作品以前と以降でハリウッドアクションの定義が変わったとも言われるくらいのメジャータイトル。確かにアクション、スタント、火薬とどれも派手で面白いのだけど、この作品、実はなんと言っても脚本が良い!
アクション映画で2時間越えというやや長めの尺でありながら、主人公に警察、犯人グループ、人質、報道、FBIなどそれぞれのキャラクターを立たせて独自に動かし、テンポ良く全く無駄の無い見事な構成には舌を巻く。30年経った今でもエンタテイメントの見本として観られる確かな名作。
それにしても……髪のあるブルースウィリスの違和感といったら……。


●web拍手レス●

▼~~気になったのですが、ヨーンの初恋はエリー少尉と書かれてましたが、アイリスの初恋ってどんな人だったんでしょう?~~▼
 初めまして!コメント頂きありがとうございます!
ヨーンはあんな性格なので軍隊に入っても元気にやっていて、初恋はまぁ高校の先生とか先輩に対する"憧れのお姉さん”みたいな感じだったと思いますが、アイリスはかなり思い詰めていたうえにティターンズに入ってしまったのでそれどころでは無かったのだろうと思います。学生時代にはそれこそ普通の少女のような初恋はあったかもしれませんね。

▼私は艦長とエスターの関係も好きです。
艦長、髭をそったらかっこよくなりそうな気がします!
髭をそった艦長見てみたいです(*´∀`▼

 本人はあの髭にポリシーありそうですけど、今後エスターと良い仲になったら、まさにエスターに同じ事を言われて剃ってしまいそうな感じはします(笑)

▼~~審判のメイスも他作品も含め、これからも応援しています!♪▼
 ありがとうございます!連載はいよいよ佳境も佳境ですが、最後までお付き合い頂けると幸いです……!

18/05/19(土)

【21:01】588060■□□□□

 胃か腸かわからないけどガスが溜まってピリピリ痛かったり(たまにある)それとは別に左腕がずっとヒリヒリする神経系の痛みもあったり(場所は変わるけど希にある)で今日はわりとグダグダうぐぐ('A`)(最近よくグダってる)

●アイカツフレンズ 第7話
 ミライさん回、憧れのお姉さんキャラにポップとは珍しい組合せで実際の人気がどうなのかは気になる所。すかさず新ステージも投入しつつやはり丁寧に組み立てられた脚本が良い。


●web拍手レス●

▼∀ガンダムのOPがリフレインしていまス。(;;)▼
 世代じゃないのもあってそれこそターンエーターンの印象が一番強いですね……。

18/05/18(金)

【21:03】588039■■□□□

 やっと涼しくなってきた……進行の波が激しいうぐぐ('A`)


●映画「ケープ・フィアー」('91)
 不正な弁護によって厳罰を受けた犯罪者が14年の服役を終え出所。当時の公選弁護士とその家族に対して恐怖の復讐劇を繰り広げるサイコスリラー。
生理的嫌悪感を覚えるほど不気味なサイコパス犯罪者をロバートデニーロが怪演。随所にヒッチコックっぽい演出があると思ったらヒッチコック作品のスタッフが参加しているとか、良い意味で古さと新しさ(90年代当時の)が融合していて雰囲気抜群の作品。
こういうの観ると、架空の生物よりも本当に怖いのはやっぱり人間かなって……。

18/05/17(木)

【20:48】588017■□□□□

 5月とは思えぬ蒸し暑さがヤヴァイ('A`)
お腹下したのも気温の変化と関係あるのだろうか……。


●映画「エイリアン ディレクターズ・カット版」('79)
 SFホラー映画の金字塔。
とにかく画面が暗い!スモーク焚きすぎ!エイリアン映るの一瞬過ぎてわからない!……子供の頃以来だけどこんなに観づらい映画だったかな?いや、最後のは記憶の通りなんだけどインナーマウス攻撃も1作目じゃスロー再生しないと良く分からないレベルだったとは。
巨大な貨物宇宙船や異星人の船の描写はさすがに素晴らしかった。エイリアンの存在と"何故かあからさまにホラー映画的お約束な行動を取る船員”、会社の真の目的などの作り込まれた設定は、ターミネーター等とは違って最初からシリーズ展開を想定したようにも思える。
ところどころ印象と違うのはDC版のせいもあるっぽい。これは通常版の方が良かったやつかも……字幕も、簡単な台詞だからって翻訳されてない所が多いの不親切すぎない?

18/05/16(水)

【20:35】587998■□□□□

 FGOイベのアリバイ考えたりとか凄く余計な時間と頭を使ってしまった気がするうぐぐ('A`)あとさすがに今日は暑い。

18/05/15(火)

【21:40】587974■■□□□

 これくらいの気温湿度が丁度いいうぐぐ('A`)
日中寝落ちしないと結構進むんだなって。


●映画「ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣」('11)
 邪悪な魔術師にさらわれたお姫様を救うため、残念な兄弟王子が家来と共に冒険の旅に出る、ちょっとオトナ向けのファンタジーアドベンチャーコメディ。
作品紹介やレビューではコメディ部分や下ネタばかりクローズアップされてて不安だったけど、意外と正統派な内容&高いクオリティで満足度高し。
スター俳優も出演し十分予算をかけられた準大作であるものの本国米国で大コケしてろくに海外展開もしなかった(まぁ確かにアジア圏でウケるとは思わないが)みたいなので、日本ではこんな全然記憶に残らない微妙なパロタイトルつけられて掘り出し物扱いになってしまった……原題は「Your Highness」、格好いいタイトルに恥じない物が確かにある。

18/05/14(月)

【20:58】587954■■□□□

 体調はだいぶ良いけどまだ眠いぐぐぐ('A`)


●映画「LION/ライオン ~25年目のただいま~」('16)
 インドの田舎で生まれ、5歳で迷子になり、オーストラリアで心優しい夫婦の養子となって育てられた青年が、googleアースを使って生まれ故郷を探し出したという、当時ニュースにもなった奇跡の実話を映画化した作品。
再会シーンの感動は思わずもらい泣きするレベルだけど、最近の話なのもあってか映画的には脚色不足でちょっと物足りないかな。

18/05/13(日)

【20:38】587936■■□□□

 すぐさま次の作画へうぐぐ('A`)
首周りもようやくスッキリ。しかし半分眠りながら変な姿勢で描いてたら一時的だけど寝違えたみたいに痛くなってうぐぐぐ('A`)


▼18年5月7日~5月13日反省会

●今週やったこと
・原稿完成
・次回原稿開始
達成度:■■□□□

●来週やること
・下絵作画

●観た映画
「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」('03)
「ウォークラフト」('16)
「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」('66)
「ドライビング Miss デイジー」('89)
「ルドルフとイッパイアッテナ」('16)
「シェルブールの雨傘」('64)

18/05/12(土)

【21:06】587913■■□□□

 なんとか今日中にはうぐぐ('A`)

 昨日の頭痛はギリギリ酷い症状まで至らず持ちこたえた。頭痛薬を飲むべきかどうかの決断が難しい……。
それはそれとして今日は腕の痺れもあって、これ自体はたまにあるので気にしてなかったけど、後頭神経痛に続いてそういえば首回りで何かあったなと改めて調べたら今度は「頸椎椎間板ヘルニア」っぽい('A`)やはり問題は首。ここ数日、特に昨日は首にダメージ来る椅子寝しちゃったからなぁ。
ストレッチと昼寝で痺れは弱まってきたからそこまで心配するほどではないと思うけれど、今回の楽天セールで首のサポーターを買っておこうかしら。


●映画「シェルブールの雨傘」('64)
 若い男女の燃え上がる恋愛とすれ違いを描いたミュージカル映画。地の台詞が一切ない全編ミュージカルな映画作品は当時画期的だったらしい。ストーリーはぶっちゃけなんてことないのだけど、全編目に鮮やかな街を移した色彩・画面構成と、軽快ながらもクライマックスでは盛り上げまくる音楽が確かに名作の雰囲気。
色彩、高らかに歌い上げるのではなく通常の会話のテンションで歌い出す、テーマ曲、季節の移り変わりと章立ての構成など、「ラ・ラ・ランド」がこの作品に受けた様々な影響は一目瞭然で分かる。

18/05/11(金)

【20:37】587893■□□□□

 ここ数日の不調は急激な天候の変化のせいかな……_(:3」∠)_
首周りの凝り、あと今日は頭も重い……このまま酷い頭痛にならないよう祈りつつ最後の仕上げをうぐぐ。


●アイカツフレンズ
 エマちゃん登場回だけどメインはみおちゃんの掘り下げか。一見お姉さんに見えるみおちゃんも、実年齢が上で精神的にもお姉さんなエマちゃんが出てきた事であいねちゃんと変わらない普通の女の子だと見せるという、丁寧な脚本が光る。そういえば前回も舞花ちゃんを通したあいねちゃんの掘り下げだったなぁ。
最初ハイペースだった新曲披露もキャラクターの3Dモデルの数(序盤は4人分)も実は例年と変わらないのね。


●映画「ルドルフとイッパイアッテナ」('16)
 ひょんなことから家を飛び出し迷子になってしまった子猫のルドルフが、野良でありながら教養があり逞しく生きる猫イッパイアッテナと出会い、成長していく。児童書原作の3DCGアニメ映画。
タイトルを見てずっと気になっていた「イッパイアッテナ」の理由はすぐに分かるけど、なるほどなぁと。目を引くタイトル、名前付けが上手くて感心……というメタな話はさておき。
猫の可愛くも楽しい描写と共に、教養や本を読むことの大切さ、人生で大事なことを時に露骨なほどに分かりやすく描いており、ファミリー向けとしてはこれ以上ないほどに上質な作品。
ちなみに自分は犬派なのでデビルの心情が一番グッと来たり……。しかし(以下ネタバレ)家を出た子が結局帰ってこないオチ、これは戸締まり厳重にしてますますペットを外に出す不安に駆られる作品でもある(^^;いや、最後声かければ絶対に2匹とも飼って貰えたはずだけどね……。
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ