19/04/20(土)

【20:35】594745■■□□□

 せっかく今日は調子よく進めてたのに頭重いのが一日経って頭痛に変化したうぐぐ('A`)


●アイカツフレンズ 第53話
 ひびきさんが早速デレて結構かわいい、まぁ元々敵対していたわけではないけど。ここら辺の話は当面おいといてしばらくは新キャラ&ドレス集め展開かな。

19/04/19(金)

【20:21】594723■■□□□

 昨日の夜から軽く頭重い感じがあったけど悪化せずに切り抜けられそうなのでとにかく集中うぐぐ('A`)


●映画「決断の3時10分」('57)
 「3時10分、決断のとき」('07)のオリジナル版となる映画。捕まえられた強盗団のボスと、その護送を買って出るカウボーイの間に生まれる奇妙な関係。強盗団の追っ手をかわし、3時10分発、監獄のあるユマ行きの列車に無事ボスを乗せることができるのか――。
 あらすじは一緒、しかし道中と結末がだいぶ違う。07年版は良い感じに話を盛っているし、クライマックスの盛り上がりも素晴らしい。一方で57年版は余分なものが無く研ぎ澄まされており、タイトルの「決断」の真意が分かりやすかった。
名作のリメイクがそれぞれ高く評価されているのは他にあまり見ない、貴重な作品かも。

19/04/18(木)

【20:49】594710■□□□□

 体調含めてなかなか思うようにいかないうぐぐ('A`)


●映画「スキャナーズ」('81)
 他人の考えを読み取り意のままに操ることができる超能力者「スキャナー」達がテレパシーバトルを繰り広げるサイキックホラー映画。
能力はいわゆるテレパシーのみ、攻撃手段は相手の身体を操ったり脳や体に負荷をかけるだけ、というのが、多種多様で便利な能力が当たり前のように出てくる現在の超能力ものと比べて逆にちょっと新鮮。
そしてその負荷のかけ方も「ザ・フライ」のデヴィッド・クローネンバーグ監督らしいエグさで、序盤の「頭部爆発」と終盤でお互いの身体を内部から破壊していくバトルは壮絶の一言だった。
中盤はまぁ退屈さを感じないわけではないのだが、SF設定も凝っていて今観ても十分楽しめる佳作。

19/04/17(水)

【20:40】594702■□□□□

 眠いしガスは溜まるしで進まずうぐぐ('A`)


●映画「弾丸を噛め」('75)
 馬に乗っての西部横断長距離レースを題材とした異色の西部劇。老若男女様々な参加者がそれぞれの目的のため、灼熱砂漠から凍える雪山まで、まさに命がけのレースを繰り広げる。
 レースと言っても耐久レースの類なので、度々チェックポイントで皆が合流してドラマを繰り広げるのは面白い。ただ昔の映画らしく「誰が」「どこで」「どうなった」が凄く不親切で分かりづらいのが難点か。見せたいところはやりすぎなくらいたっぷり尺を取るんだけど、その周辺についてはホントどうでも良いってレベルでばっさりと切り捨てる乱暴な構成。まぁ男くさい西部劇らしいと言えるかもしれない。


●web拍手レス●

▼録画しタままの「ブラタモリ パリ編」を観るべきでシょうか?▼

 つい最近やったんでしたっけ。映像資料は豊富にあるだろうからNHKあたりでそのうちノートルダム特集とかやりそう……。

19/04/16(火)

【21:06】594688■■□□□

 ペン入れをガシガシ進めねばうぐぐ('A`)
なんだかこの前治療した歯に嫌な予感があるんだよなぁ……。

●web拍手レス●

▼某ゲームでパリの名所には親しみがあるのでノートルダム大聖堂の火災は残念デス。▼
 今こそ録画したまま放置してた「ノートルダムの鐘」を観るべきでしょうか……('A`)

19/04/15(月)

【21:16】694675■■□□□

 どうしても夜が長引くうぐぐ('A`)

●映画「ハンコック」('08)
 超人的な力を持つが周囲に悪党以上の被害をもたらし人々から嫌われる落ちこぼれヒーロー・ハンコック。ある日列車に轢かれそうになっていた冴えない宣伝マンのレイを助けた事で、彼のプロデュースのもと人々に愛されるスーパーヒーローへと更生していく。そして明かされる失われた過去。これは孤独なスーパーヒーロー・ハンコック誕生の物語。
 アイアンマンと同年に公開された、原作コミック無し(!)のオリジナルヒーロー映画。神とも天使ともいわれるハンコックの圧倒的な強さはビジュアル的にも強烈だが、人間としての心の面からヒーローに覚醒していく展開はなかなかアツい。そしてなによりウィルスミスの演技、表情づくりが本当に上手いなーって。
世界的にはアイアンマン1作目よりヒットしたらしいし、今現在もっと評価されていて良い映画だと思う。なお監督はマークウォルバーグ大好きマンことピーターバーグ。バトルシップまではエンタメ大作路線だったのにその後は実話系に移ってしまった。いっそのことマークウォルバーグのスーパーヒーロー映画を撮っちゃいなよ!

19/04/14(日)

【20:56】594661■■□□□

 最近またお腹にガスが溜まって辛いうぐぐ('A`)数週間~数か月の波があるだけに原因がわからないこの症状……。


●映画「ゲティ家の身代金」('17)
 1973年、世界一の大富豪であった石油王ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を元にリドリースコット監督が映画化。
そのゲティ氏を演じていたケビンスペイシーのセクハラ騒動による撮影後の降板、再撮影の際のギャラ問題など周囲のトラブルの方が話題になってしまったけれど、主要人物の再撮影をたったの9日間で終え、その後8日間で映画を完成までこぎつけ、予定の公開スケジュールに間に合わせたという信じられないスピードはさすが早撮りで知られるリドスコ監督といったところか。
 映画自体もリドスコ監督らしい手堅い出来で、大富豪のくせにドのつくケチっぷりをみせるゲティ氏と誘拐犯の間で板挟みの中奮闘する義理の娘とエージェントの駆け引きはスリリングで面白い。
ラストは市民ケーンを意識したようなシーンもあり、今作はどうにも賞レース狙いっぽい雰囲気を感じたものの、惜しくも各受賞ならず。定期的に賞狙いに行くリドスコ監督だけど、安易に流行りのポリコレ・マイノリティの方向に行かないのはベテランのプライドか、そもそもイギリス人だから?



▼19年4月8日~4月14日反省会

●今週やったこと
・プロット、原稿仕上げ、ペン入れ
△ ペン入れ開始ならずうぐぐ('A`)
・夜寝落ちをせずに早く就寝する
△ 夜寝落ちはしなかったけど全然早く就寝してないぐぬぬ('A`)
・一日一回身体を動かす
×
・部屋の片づけ(机の上を綺麗にする)
×
・ゲームは一日一時間!
△ スパクロ、勝てない相手が増えたお陰でむしろ逆に考える必要がなくなったけどもっと時間を削らねば……。


達成度:■□□□□


●来週やること
・ペン入れ(50%)
・早寝早起き
・一日一回身体を動かす
・部屋の片づけ(机の上を綺麗にする)
・ゲーム時間を削る


●観た映画
「怪盗グルーのミニオン大脱走」('17)
「スラップ・ショット」('77)
「カオス」('05)
「メン・イン・ブラック3」('12)☆
「バンディドス」('67)
「ゲティ家の身代金」('17)

19/04/13(土)

【20:44】594650■■□□□

 一休みしたらプロットをうぐぐ('A`)


●アイカツフレンズ 第52話
 ひびきさん含めなんだかふわっふわと着地点が見えない展開が続くけどみおちゃんのステージが凄かったので良し!フレンズのステージ演出でも1,2を争う、ソロ曲でなら間違いなくNo.1の出来。


●映画「バンディドス」('67)
 早撃ちの強盗、強盗に手を撃ち抜かれた元ガンマン、彼に弟子入りした脱獄犯の若者、3人の男のプライドと因縁が交錯するマカロニウエスタン。
「荒野」や「夕陽」でセルジオレオーネと組んでいたカメラマンが監督したとの事で、要所要所のクールな演出、カメラワークは必見。特にあんなに格好良くバーでグラスを滑らす演出は他で見た事ないわ。ラストの街中での決闘も工夫が凝らしてあり面白かった。
その後の展開はちょっとあっさりしすぎて物足りないが、まぁ総合的に見て十分秀作と呼べる。

19/04/12(金)

【20:49】594638■■□□□

 今日中になんとかうぐぐ('A`)


●映画「メン・イン・ブラック3」('12)
 10年ぶりに帰ってきたシリーズ第三段。1作目2作目は今観ると正直古臭さをぬぐえないが、今作に関しては程よく古く、程よく新しい雰囲気が1969年にタイムスリップする設定とも程よくマッチ。シナリオもおふざけながら意外とホロリと来る展開で、40代になり貫録の出てきたウィルスミスがまたシリーズ当初とは違った良い味を出している。シリーズ物のジンクスをはねのけ総じて非常に出来の良い3作目に仕上がっており、現在も新作が作られる根強い人気を支える最大の柱はこの1本と言っても過言では無いだろう。
しかし3D上映を意識した撮影なのか、リアルなカメラでは撮影困難なカットを多用する監督の意向なのか、日常的な場面でも背景がフル合成になってるところが多いのはテレビで見るとちょっと気になるなぁ。

19/04/11(木)

【21:03】594624■■□□□

 いろいろやってうぐぐ('A`)


●映画「カオス」('05)
 不可解な銀行強盗とそれにまつわる過去の事件を「カオス理論」をテーマに紡ぎあげたクライムサスペンス。
終盤のどんでん返しはそこそこ面白いのだが、伏線を張っているとはいえそこに行くまでは普通の刑事ドラマで少々退屈。カオス理論もあまりうまく使えているとは言えず、ステイサムじゃ絶対生きてるってバレバレなのもミスキャスト?
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ