18/09/18(火)

【21:12】591362■■□□□

 コンテはデジタルよりノートに描いた方がはかどるなぁ('A`)


●映画「トランスポーター2」('05)
 運び屋から足を洗ったフランクは、マイアミで金持ちの子供を送迎する運転手のバイトをしていた。そんなある日、謎の殺し屋に狙われ誘拐されてしまう子供。フランク自身も誘拐犯の一味として警察に追われながら、単身敵を追い詰めていくさなか、恐るべきテロ計画が判明する――。

 なんだこりゃ。主人公運び屋の仕事全然してないわ生身のバトルが目立つわでもう滅茶苦茶じゃないか。滅茶苦茶……面白いじゃないか!なんだこりゃ!
ステイサムをいかに格好良く撮るかに特化した映画。スーパーヒーローのような超人的アクションを見せるステイサム、文字通り縦横無尽に駆け回るアウディ、中華系の敵が見せるKENDO、映像的に面白ければ突っ込みどころだらけだろうが一切気にしない清々しさはまるでエンタメの精神が形になったようだ。
前作の不評だった部分をバッサリ切り捨て主題さえ捨て大胆に新生した続編、こういうのもアリだったのか。

18/09/17(月)

【21:00】591346■■□□□

 いざプロットまとめてみたらかなりのボリュームになるなぁ……('A`)でもやりたいことは妥協せず全部やっておきたいし……。


●映画「ローズマリーの赤ちゃん」('68)
 豪華だが曰く付きで格安になっているアパートに引っ越してきた幸せそうな夫婦。そのうち妻のローズマリーは妊娠するが、なにかと世話を焼いてくる隣人が実は悪魔崇拝者であり、赤ん坊が彼らに狙われているという疑念を持ち始める。夫の事も信じられなくなった彼女は次第に追い詰められ、錯乱状態となっていくのだが……。
クリーチャーがはっきりと画面に映るわけではない、死体が画面に映るのも一度きりでグロは無し。精神がジワジワと侵されていく怖さが巧みに描写されたサスペンスホラーの傑作。これがエクソシストやオーメンよりもずっと先に作られていたというのも凄い。ちなみにしばしば夫の言うジョークはセンスが良く普通に面白かった。

 また、エロゲーやエロ漫画の1ジャンルとして根強い異種姦ものの基本をこの時点でガッツリ抑えてある点も凄いというか、このジャンルは50年も変わってないと考えるとこれもなんか凄いというか。

18/09/16(日)

【21:16】591332■■□□□

 胃の辺りがちょっとシクシクするしゲップもでるけど便の状態は良いな……あとは運動……('A`)


●映画「さすらいのガンマン」('66)
 白人の盗賊団に仲間を惨殺された原住民が主人公のマカロニウェスタン。例によって、復讐が目的であって別にさすらってはいないし、銃はたまに敵の物を拾って使うくらいで携帯せず、基本は原住民らしく(?)ナイフで戦う変わり種。ウェスタンの概念がよくわからなくなってきたぞう!
それはそれとして、背後から忍び寄ってナイフ一突きで鮮やかに敵を倒す殺人術は見事なもの。王道を抑えたシナリオにちょっとした驚きのスパイス、そしてやはり盛り上がるエンニオ・モリコーネの音楽で全ては名作になる。


▼18年9月10日~9月16日反省会

●今週やったこと
・プロットをまとめる 〇
・歯医者の予約を取る(行く) ×
・一日一回身体を動かす ×
・ガンプラを作った
・スパクロをやった

達成度:■□□□□

 ……よし、休憩終わり!('A`)

●来週やること
・ネームをまとめる
・歯医者の予約を取る(行く) 
・一日一回身体を動かす 

●観た映画
「仮面の男」('98)
「摩天楼はバラ色に」('87)☆
「愛人/ラマン」('92)
「続・荒野の1ドル銀貨」('65)
「シザーハンズ」('90)
「エデンの東」('55)☆

18/09/15(土)

【21:38】591315■■□□□

 ようやくプロット始められたうぐぐ('A`)


●映画「エデンの東」('55)
 ”善良”であるがゆえに違う価値観を許容できない父と兄の二人と暮らす青年ケイレブは、その鋭い感性で家族に馴染めず居心地の悪い生活を送っていた。ある日、父から死んだと聞かされていた母親と出会い、自分の性格が”性悪”な彼女に似ていることを知るケイレブ。それでも自分なりに父の元で愛される善良な生活を送ろうと努力するが……。
 正直あらすじを書くのが難しい。どう書いても面白そうに思えないのだけど、家族問題だけで2時間魅せてしまう作りの巧さ。演出も、今作が初主演となるジェームズディーンの存在感も素晴らしく、しばしば画面にくぎ付けになってしまう。歴史的名作と呼ばれるに間違いのない映画。

18/09/14(金)

【21:57】591291■□□□□

 昨日今日と寒いっていう天気予報を信じたら一昨日より蒸し暑くてうぐぐ('A`)
またガスも溜まって腹が下りがちだしやっぱり運動しないと……。


●アイカツフレンズ 第23話
 アイカツ恒例、たまに来る異常なハイクオリティ回。脚本絵コンテ演出全て一人でやるからこその噛み合い具合、アニメーションとしての面白さと、スタッフの舞花ちゃんへの愛を堪能した。加えてアイカツの家族を描いたエピソードはいずれも名作ぞろいという法則にも則り、控えめに言って神回と言うほかない完璧な回!

 そういえば先週はフェスなりなんなりで感想書き忘れてたけど、いつものグロス回なのに双子の顔アップとか艶のある気合の入った作画が良かったなぁ……。


●web拍手レス●

▼そういや目標の「一日一回身体を動かす」っていうのを見て、
謎の液体で満たされたデカい筒の中にぷかぷか浮かんで脳に回線を繋ぎ思考だけで液タブを操作する老眼さんを思い浮かべてしまいました…▼

 肉体(ボディ)もたまには動かさなくては腐ってしまうな……('A`)(ぷかぷか)

▼~レス不要~▼
 色々ありがとうございます!

18/09/13(木)

【22:50】591271■□□□□

 またも腹の調子が良くないうぐぐ('A`)
アイカツフェスのお陰かここ数日は治っていたのに……というか身体を動かすと治るのかこれ?


●映画「シザーハンズ」('90)
 鋭いハサミの手を持つ恐ろしい外見とは裏腹に心優しい人造人間エドワード。山の上の屋敷で一人で暮らしていた所に化粧品のセールスレディが訪れ、見かねた彼女はエドワードをふもとの町に連れて帰る事に。一躍人気者になるエドワードだが、人々はこぞって彼の純真な心と能力に目をつけて……。
ティムバートン&ジョニデが初めてコンビを組んだファンタジー映画。ディズニーアニメのような演出が見事に実写化されていてるのは凄いが、おとぎ話をそのまま現代に持ち込んだような形になっているため、現実的に考えると不自然な部分が感情移入の妨げになってしまう。
しかし主人公の手がハサミなのはきっと生みの親の発明家なりの深い理由があるんだろうなあ……とか考えながら見てたら、特に何の理由も無く「ハサミからちゃんとした手に付け替える直前に発明家が死んでしまったから」。仮の手にしたってハサミは趣味悪いよお爺さん……。

18/09/12(水)

【21:52】591246■■□□□

 スパクロも落ち着いたしぼちぼち通常の流れに戻していかねばうぐぐ('A`)


●映画「愛人/ラマン」('92)
 フランス領時代のベトナム。家にも学校にも居場所が無いと感じる15歳のフランス人少女が、中国人御曹司との淫らな火遊びに夢中になっていく。愛と青春を赤裸々かつ情緒的に描いたエロティック・ラブロマンス。
愛人=ラマンという言葉が広まったのはこの作品がきっかけなのかな?なかなか言葉に言い表しにくい内容だけどその分中身で語っている、ある意味映画らしい映画でもある。形をなぞるだけならストーリー重視のエロ漫画にも沢山ありそう。


●映画「続・荒野の1ドル銀貨」('65)
 南北戦争の派兵からメキシコ国境近くの故郷へ帰ってきたモンゴメリー・ブラウン(演:ジュリアーノ・ジェンマ)だが、町はメキシコ人の荒くれ者たちによって支配され荒れ果てていた。
肌を染めメキシコ人に成りすましたモンゴメリーは町に潜入し、町と妻子を取り戻すため、人々と共に荒くれ者たちに立ち向かう!王道の痛快復讐劇を描いたマカロニウェスタン。なお1ドル銀貨は特にフィーチャーされないし続編でもない。
 冒頭以降主人公はしばらく銃を持つこともなく、中盤の1時間くらいまでひたすら耐えて耐えての展開になるけれど、結婚式に乗り込んで「モンゴメリー・ブラウンが帰ってきたぞ!」と告げるシーンの格好良さが尋常ではない。そこからジェンマのアクロバティックなアクション、個性的なキャラクター、そしていつものエンニオ・モリコーネ楽曲が大いに盛り上げてくる。
マカロニウェスタンを代表する作品の一つとして納得の、王道で非常に良くまとまった秀作。

18/09/11(火)

【22:50】591226■■□□□

 スパクロちょと分かってきたけどそろそろ他のこともやらねばうぐぐ('A`)ゲーム2本同時進行は無理だなー。


●映画「仮面の男」('98)
 なんかタイトルからサスペンスっぽいのを想像してたら、年老いてなお英雄である「三銃士」のその後の活躍を描いた歴史ロマン娯楽作品だった。
主演のディカプリオは若いながらも暴君と実直な青年の両極端な二役を見事に演じ切りさすがと言うほかない。90年代後半の映画にしては映像はやや古く演出的にもこれと言ったものは無いけれど、王道の展開はまさに古き良き時代劇のようで安心して楽しめる映画。


●映画「摩天楼はバラ色に」('87)
 80年代のアメリカを絵に描いたようなコテコテのサクセス&ロマンスコメディ。BTTFからのマイケルJフォックスありきだけど彼以上にこの映画の主人公を演じられる人は居なかっただろう。とにかくイケメンで爽やかでチャーミングで若い男性の魅力にあふれている。
田舎から出てきた主人公、仕事一筋のヒロイン、ヒロインを狙う女にだらしない社長、主人公を狙う社長夫人、の四角関係を描いたドタバタは素直に面白く、主人公があの手この手で成り上がっていく展開も痛快。主人公が優秀な理由とかバックボーンとか全く語られないけど、そんなものはこの映画を楽しむのに不要と言わんばかりの割り切りの良さも見事。

18/09/10(月)

【24:23】591198■□□□□

今日は結構スパクロをやりこんでしまった……('A`)未だにあかりちゃんのボイス付きパーツの入手う方法がわからん。

映画感想とかは明日まとめて……。

18/09/09(日)

【--:--】■■■■□

 アイカツ5thフェスが凄すぎてチケット代じゃ全然安いくらいだったのであんまり買う予定の無かった事後物販で課金していくスタイル。
事後物販自体は予定外の物だったようだけど、こういう追加でお金を出せるシステムって良いよね。客も満足出来てwin-winだ。


▼18年9月3日~9月9日反省会

●今週やったこと
・仕事のなんやかんや 〇
・アイカツフェス 〇
・イラストを1枚描く 〇
・プロットをまとめる ×
・歯医者の予約を取る(行く) ×
・一日一回身体を動かす ×
達成度:■□□□□

 予定以上に仕事に時間を取られたとはいえ個人的な事はほぼ何も進まない一週間だった('A`)

●来週やること
・プロットをまとめる 
・歯医者の予約を取る(行く) 
・一日一回身体を動かす 

●観た映画
「ブレーキ・ダウン」('97)
「キャリー」('76)
「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」('84)
「ソイレント・グリーン」('73)
「K-20 怪人二十面相・伝」('08)☆
「隠し剣 鬼の爪」('04)
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ