20/07/14(火)

【20:40】599755■■□□□

 昼寝自体は悪い事じゃないけど一回落ちると復帰に時間がかかるのが問題うぐぐ('A`)


●映画「たまえのスーパーはらわた」('18)
 ホラー映画大好きな女子高生映画監督がさいたま市のPR動画を撮影することになる、「カメ止め」の上田慎一郎監督による地域振興青春映画。
さすがにさいたま市の看板を背負ってるためか演出等は控えめ。女子高生版「カメ止め」として小ぶりだが全体的にセンスが良く、誰もが気持ちよく観られる短編。
作られたのは今作の方が後になるが、ワンテンポ遅れてやってきた「カメ止め」の大ヒットでさいたま市の対応がガラリと変わったのがちょっと面白い。まぁ当時は「吉本が企画した無名監督のPR映画」以上には思ってなかっただろうし無理もないだろう。

20/07/13(月)

【20:45】599740■■□□□

 こういう天気でいいんだよこういうので。なお涼しくて寝落ち('A`)
結局、後頭神経痛が数秒おきにズキンと痛むせいで寝落ちしなかった昨日が一番捗っていたという皮肉……。


●映画「さらば愛しきアウトロー」('18)
 実在した老紳士強盗の生きざまを描いたロバートレッドフォード引退作。イーストウッドの「グラントリノ」や「運び屋」のような自分の人生をシンクロさせつつ…というまさに記念碑的な作品。でも結局「またやる」んでしょう?みたいなオチも洒落ていて良かった。
監督は「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」で注目を浴びた人、やっぱり一瞬時系列が把握しづらかったり根本的に地味な所があるがまぁ今作にはマッチしていたのではと思う。
しかしこういう映画でも露骨なポリコレ主張が入っていて本筋と無関係な所で気になってしまうのは正直なんだかなぁ……。

20/07/12(日)

【21:10】599728■□□□□

 今日は久々に右耳裏の後頭神経痛がうぐぐ('A`)だんだん強くなっていって今が丁度ピークか。先日の椅子寝落ち&夜寝落ちコンボが肩と首に負担をかけて頭重~神経痛コンボに繋がってるのが分かりやすいうぐぐぐぐ('A`)('A`)


●映画「金の亡者たち」('18)
 韓国の金融街で繰り広げられるマネーゲームを描いたサスペンス映画。
日本版ポスターのあくどい表情とキャッチコピー「命より、金だろ?」が秀逸。冴えない主人公が闇取引に手を染めていく過程と最後に取った行動はなかなか面白かったが、キャッチコピー通りの内容だったかというと微妙なところ。
そしてこの手の映画の例に漏れず登場人物がみんな同じスーツ&髪型でビシッと決めてるので「顔」を覚えるのが苦手な人、特に海外の観客視点では判別が難しい。更に韓国の人名は似た音が多くて区別しづらいのもプラス。
こういう映画こそ補助的な意味でも吹き替えでやって欲しいものだが……。


▼20年7月6日~7月12日反省会

●来週やること
・次回ネーム(100%×)→(80%)
・BD-Rの整理(△)
・絵を描く(△)
・早めに寝る→風呂に入る(×)

達成度:■□□□□
 安定の二日遅れだけど安定させちゃだめだろという('A`)


●来週やること
・ネーム終了、ペン入れ(30%)
・BD-Rの整理
・絵を描く
・早く風呂に入ってそのあと動くようにする。

●観た映画
「翼よ! あれが巴里の灯だ」('57)☆
「マラヴィータ」('13)
「スネーク・フライト」('06)
「悪いことしましョ!」('00)
「ミッシング ID」('11)
「金の亡者たち」('18)

20/07/11(土)

【20:52】599719■□□□□

 梅雨ってこんなに梅雨っぽかったっけうぐぐ('A`)
いい加減に慣れて集中しないと……。

20/07/10(金)

【20:37】599708■□□□□

 ちょっと首から頭が重い気がするうぐぐ('A`)


●映画「ミッシング ID」('11)
 平凡(?)な高校生が幼馴染の彼女と共にCIAと犯罪組織に追われつつ自分の出生の謎を探っていくサスペンスアクション。
人気の若手俳優をメインに据えた若者向けのデートムービーでとにかく軽いが分かったうえで楽しむには十分。シガニ―ウィーバーがかなり美味しい役だったけど出番は少なかった……まぁメインはあくまで若者だからね。
なお邦題はちょっとカッコつけようとして意味が分からなくなったパターン。

20/07/09(木)

【21:46】599696■□□□□

 今朝は地震で起こされて二度寝したせいか色々調子がうぐぐ('A`)


●映画「悪いことしましョ!」('00)
 ある日冴えないサラリーマンの前に美女の姿をした悪魔があらわれ願い事を7回叶えてくれると誘惑する。男は理想の自分を夢見て様々な願いを言うが、実際はどれも思った通りに行かず……。
監督は「恋はデジャ・ブ」監督や「ゴーストバスターズ」シリーズ脚本出演のハロルドライミス。願い事が行き詰まる度にリセットし最後に本当の自分に気づくという今作は「恋は~」と似た印象を受けるが、1日という短い制約で人生まで描いたリセット物の大傑作「恋は~」と比べると、今作はスケールこそ大きくなったものの作品としてはだいぶ見劣りして見えてしまうのが残念。
まぁ1967年のイギリス映画のリメイクだそうなので、全体的に古臭いベタベタなコメディというそもそもジャンルから違う映画なのかもしれないけれど……。

20/07/08(水)

【21:07】599682■□□□□

 もう少し集中力を上げねばぐぐ('A`)


●映画「スネーク・フライト」('06)
 FBI捜査官と証人が乗る旅客機を数千匹の毒蛇がハイジャック!多種多様な蛇が逃げ場のない機内で人々を襲う、着眼点が斬新なB級パニック映画。
蛇は変温動物だから荷物に紛れ込ませられたんだ!とか強引に話を進める力技は嫌いじゃない。蛇のリアルさもパニック描写もなかなかのものだが、しかし作品そのものには突っ込みを黙らせるほどのパワーはなく、ありきたりなB級映画の一本に収まっている感じ。
あとこういう映画で犬がひどい目に遭う点は大きなマイナスポイントだと思うの。その原因になったおっさんは更にひどい目に遭わせてるので多少留飲は下がるけど、最後ひょっこり無事な犬が顔を出すまでがお約束じゃあないのか。
それから吹き替えはベテラン陣だけどちょっと遊びすぎかも……いや80~90年代のテレビ吹き替えのノリって確かにこうだけどさ!

20/07/07(火)

【20:45】599672■■□□□

 暑いのはわりとなんとななるけど蒸すのはだめだうぐぐ('A`)


●映画「マラヴィータ」('13)
 ある日フランスはノルマンディーの片田舎に引っ越してきたアメリカ人家族。一見すると穏やかなその裏では、死体遺棄に気に入らないスーパーの爆破、ナンパ男を暴行、身分証の偽造や学校内での裏取引など過激な犯罪が日常の生活を送っていた。実はこの一家、FBIの証人保護プログラムを受けた元マフィアで――。マフィア映画の大御所スコセッシ製作×ロバートデニーロ主演のタッグにまさかのリュックベッソン監督が加わった、仏流痛快バイオレンスコメディ。
ベッソンというよりはタランティーノっぽい雰囲気だがバイオレンスとコメディのバランス感覚は絶妙。原作小説のタイトルはそのまま「隣りのマフィア」、やっぱり大衆向けのコメディ小説なのだろうか?アメリカ娯楽映画や日本の漫画でもよくあるベタな題材を各界の大御所が集って製作した(そしてしっかり面白い)という点でも他にない貴重な映画かも。

20/07/06(月)

【21:01】599657■■□□□

 蒸す……眠い……集中……('A`)


●映画「翼よ! あれが巴里の灯だ」('57)
 1927年、飛行機によるニューヨーク~パリ間の大西洋無着陸横断を成し遂げたリンドバーグの伝記映画。「華麗なるヒコーキ野郎」('75)と同じ、空がまだ誰の物でもなかった時代に己の腕一本で自在に空を飛び回る、男の浪漫を描いた名作。
「華麗なる~」はその時代に取り残された男の話だったけれど、同じ飛行士主人公でも今作は開拓心で新たな航空機時代の先駆けになった男の話という対極的なのがまた面白い。

ちなみにリンドバーグは日本人でも知ってる偉人だけど、カナダ~アイルランド間なら8年も前にイギリス人が達成しているのね。もしかしてイギリスだとこっちの方が有名だったりするのかしら!?というかリンドバーグは調べると大西洋横断以後の人生も色々凄いし日本とも交流があったのが知名度の差として大きいのかな。

あとそういえばサクラ大戦の作中舞台「つばさ」はこの映画タイトルが元ネタだったような。まぁ内容違うしタイトルも日本で勝手につけたものなのでリンドバーグはこんなセリフ言わないから、本当にタイトルにインスパイアされただけっぽい。


20/07/05(日)

【20:36】599642■■□□□

 ぼちぼち調子が出来た気がするぼち('A`)


▼20年6月29日~7月5日反省会

●今週やったこと
・次回ネーム(100%)→(×20%)
・BD-Rなど細かい整理(×)
・絵を描く(△)
・早く寝る→早く風呂に入る(△30分だけ)

達成度:■□□□□
 気がしただけだったよ……('A`)

●来週やること
・次回ネーム(100%)
・BD-Rの整理
・絵を描く
・早めに寝る→風呂に入る


●観た映画
「ティアーズ・オブ・ザ・サン」('03)
「ガラガラ蛇の夜」('69)
「ラッシュアワー3」('07)
「スパイ・ゲーム」('01)
「復讐の用心棒」('67)
「パトリオット」('00)
「ジョーズ3」('83)
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ