17/04/26(水)

【20:48】579989■■□□□

 月末は荷物が増えるから片付けもしたいうぐぐ('A`)


●映画「バイオハザード」('02)
 長寿シリーズだけど映画として観たのは今回が初めて。
やはりゲームのバイオをイメージしてると全然違った。ミラジョボビッチが素手で軽々ゾンビ倒すの観て「ほぁっ!?」ってなったし、ゾンビの出番も実はかなり少ない。大半の人を殺したのはコンピュータという。残酷な死に方をしても肝心なグロ描写は薄いし、死骸は画面に映らないのは一般層を意識してなのか単なる手抜きなのか怪しいところで物足りなさも。
しかしゲームの印象は捨てて、ホラー風味のハリウッドアクション映画としては意外と良くまとまっている。シナリオも謎だらけのスタートから終盤のどんでん返しが効いてるし、ラストは露骨に「続編に続く」ではあるんだけど、投げっぱなし感もゾンビ映画らしくてこれはこれで良かった。
続きが気になるのでこのままBS11の一挙放送で追ってみよう。

17/04/25(火)

【21:02】579970■■□□□

 うぐぐまだまだこれから……('A`)


●映画「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」('16)
 前作でやり残したこと(主に敵エイリアンの描写)を改めて入れ込んだリブート1作目といった感じ。ほぼ当時のノリのままだったのが嬉しかったし(元)大統領が変わらず格好いいし映像も迫力あって怪獣大暴れで面白かったからコミケ前でなければ絶対に3Dのスクリーンで観たかった映画。
まぁしかし概ね焼き直しには違いなく、正統派続編でもあり20年前の映画を観ていること前提だったりとなんとも評価されにくい位置づけの作品になってしまったのかも。そもそもリブートというのは続編のための物であるからして、ここから反撃していく展開も是非観たいけど、あんまり興収振るわなかったらしいので無理なのかなぁ。

17/04/24(月)

【21:02】579950■■□□□

 ペン入れうぐぐ('A`)

(個人的な)イベントは無いと言ったが……(ゲームの)イベントが佳境だ……!
まぁフォトカツメドレーが1日2時間弱だったところ30分で済むように改善されたのは大いに助かってる……('A`)

17/04/23(日)

【20:20】579937■■□□□

 ペン入れ開始うぐぐ('A`)
これといったイベントもないし集中して頑張りましょう。


●映画「28日後...」('02)
 ドーンオブザデッドより前に作られた「走るゾンビ」映画。スラムドッグミリオネアのダニーボイル監督。走るゾンビ以外にも壊れた世界の中で日常を楽しむシーンがあるのも共通だけど元ネタがあるかどうかは不明。
今観ると正直、続編が作られる程のこれといって突出した何かがある作品とは思えないかな。ゾンビが人間を食べるのではなく血をゲーゲー吐きかけて感染させることが目的っぽいのは確かに珍しい。
それにしても、時代を考慮してもあのひどい画質の悪さはなんなんだろう……わざとやったらしいけど細部潰れちゃってるし、当時の感覚で大画面TVで観ることは想定してなかったのか。

17/04/22(土)

【20:36】579923■■□□□

 データの上書き設定ミスって台詞テキスト入れ直したうぐぐ('A`)

●アイカツスターズ
 腕立て1回も出来ない筋力でステージしてたのならS4戦のあの結果も納得かよリリィ先輩……と思ったらS4の誰よりも早くSPRドレスを手に入れるとかアイカツシステム気まぐれすぎる。リリィ先輩もローラも1つの夢に拘りすぎずに次から次に目標を立てていくのは良いかも。
あと今週はリリィ先輩だけは絶対作画崩さない的な気合いを感じたゾ。

17/04/21(金)

【20:41】579903■■□□□

 メカパートの手強さを忘れていたうぐぐ('A`)


●映画「ファイナル・デスティネーション」('00)
 主人公達の命を狙うのは、殺人鬼やモンスター、幽霊でもなく、運命。
17年も前の映画なのに凄く斬新で面白かったB級ホラーの傑作。死亡フラグとの戦いと、しかし丁寧に全部回収していく様は笑えるレベルで凝っている。でもそれがまた怖い。
ラストは試写版が不評で後から作り直したらしいけど、これも大正解のオチだった。続編も放送してくれないかなぁ。

17/04/20(木)

【21:24】579892■■□□□

 今日中に描き出し、明日明後日で整えてペン入れ、まぁまぁ良し。


●映画「コップ・カー」('15)
 スパイダーマンの新作に大抜擢された監督がその前に撮った映画。
家出少年が悪戯心に盗んだパトカーが実は悪徳警官の物で……とジャンル的にはスリラーらしいのだけど意外とコミカルな描写も多い。大筋としてはスタンドバイミーに近いジャンルと言えるし個人的にはこっちの方が好きだ。
派手さは無くとも丁寧な演出と、何より全編が光るセンスに溢れていて80分強。低予算映画のお手本と言えるようなつくりは実に見事。

それにしても、どの映画でも海外の子役は本当にレベル高いなぁ……。

17/04/19(水)

【21:23】579869■■□□□

 うぐぐしまった寝落ち時間がまたどんどん伸びてる……('A`)


●映画「デッドプール」('16)
 R15のマーベルヒーロー映画。DC系ではオタク向けの濃い映画で何本か出てるけど、さすがはマーベルと言うべきか。多少の下ネタとグロを許容できれば不快レベルは比較的低く、むしろ凄く丁寧な王道エンタメ作品だった。エログロナンセンス、そしてラブ。
メタネタでバラしてる通りの低予算(wikiによると制作費は他のX-MENシリーズの1/3程度らしい)で話も大きくは広がらないけど本編100分で良くまとめられている。回想シーンがほぼ半分占めてて長いというか誕生編だからこれ込みで本編か。2作目でさらに弾ける事に期待。
翻訳は無理に日本語に直さなくて良かったんじゃないかなぁと思うところが多かった。


●映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」('15)
 名前は聞いたことあるマイケルムーアのドキュメンタリー映画。ちょっとふざけた感じで切り込んでいくけど最終的には相手を立てて綺麗にまとめたり大統領との会談まで取り付けてしまう辺り取材力も凄いのだろう。職場や教育現場の訪問といった普段なかなか見ることが出来ない視点でヨーロッパの色んな国を見られるのは面白かった。
あと過去の資料映像としてクリントイーストウッドが議員の仕事(?)してるシーンが映ったのにビックリ!

17/04/18(火)

【24:54】579859■■□□□

 変な格好で寝落ちしてたら脇腹痛めたうぐぐ('A`)
それでも作画の進みは良いし気分転換も兼ねて映画行き強行。


●映画「キングコング: 髑髏島の巨神」('17)
 ウソや誇張無し、予告通りの怪獣パラダイス。コミックみたいな印象的なカットが多く、とにかくコングが強くて迫力あるけど基本は米軍の戦いで実質まともにやりあう怪獣対決はコングVSスカルクローラーだけな点はちょっと物足りなかったかな。とはいえそのラストバトルは十二分に面白かったし米軍の暴れっぷり(やられっぷり)も見所ではある。
そしてなによりもエンドロール後のオマケ。ここから予見される通りの物が作られるならばとんでもなく凄い物が出来そう……!

17/04/17(月)

【20:25】579833■■■□□

 ちょいちょい寝落ちはしてるのにメカが無いと倍のスピードで進められるのか……('A`)
プロフィール

ROHGUN/老眼

Author:ROHGUN/老眼
【R'sR】の日誌です。

カウンター

コメントはこちらへ↓


メールフォームは↓↓にあります。

ツイッター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
月別アーカイブ